ポルトガル

【ポルトガル/セロリコ・ダ・ベイラ】リニャレス、トランコーゾへ足を延ばす前に セロリコ・ダ・ベイラをふらっと歩く

セロリコ・ダ・ベイラは、リニャレスとトランコーゾの間くらいに位置します。

セロリコ・ダ・ベイラは、中部歴史的村々観光の拠点

セロリコ・ダ・ベイラ 基本情報

ポルトガル地図 トランコーゾとリニャレスの間に位置するセロリコダベイラ

ポルトの南東約160kmに位置する

総合評価:
町までのアクセス:
田舎町の雰囲気:
絶景レベル:
Traffic Access
  • Origin
    ポルト
    10:00発
  • Via
    ビゼウ
    11:45着 12:15発
  • Destination
    セロリコ・ダ・ベイラ
    12:55着

ポルトからバス利用。
2時間30分(直行)/2時間55分(乗継)
料金€13.30
*グアルダからバスで25分
 料金€6.00
*2021年6月ダイヤの時間
 最新のダイヤはこちらで確認ください。
 (Rede Expressos

セロリコ・ダ・ベイラへの道 ポルトからバスで約3時間

セロリコ・ダ・ベイラは、ポルトガル中部の町。
エストレーラ山脈の北側の麓に位置します。

周辺の歴史的村々、トランコーゾやリニャレスを訪れる際に拠点とすると便利です。

アクセスは、ポルトからバスがオススメ。
バスは、ポルトのCampo 24 de Agostoバスターミナルから出発します。

バスの本数は、午前中2本、夕方以降2本でそれほど多くありません。
初便と最終便は直行便、それ以外はビゼウで乗り換えが必要です。

バスの乗車時間は、2時間30分(直行便)~3時間(乗継便)

乗車券は、事前にインターネットで予約、購入。(Rede Expressos

車内ではFREE WIFIが使用可能です。

鉄道の駅は、町の北側4キロのところにあり、歩くと1時間はかかりそう。
ポルトから直通する電車はなく、本数も少ないです。

セロリコ・ダ・ベイラの町を歩く

セロリコ・ダ・ベイラの見どころ

サン・ペドロ教会
セロリコ・ダ・ベイラ城
サンタマリア教会
ミゼリコールディア教会

セロリコダベイラ市街地図 旧市街エリアに教会、城が集中

バスターミナルは、旧市街の南西、約2Kmのところにあって旧市街からは少し離れています。

セロリコ・ダ・ベイラは、周辺のリニャレス、トランコーゾを訪れるための拠点として訪れました。

この町自体を観光しようと計画して来たのではないのですが、旧市街地区やお城もあるので、是非町歩きをしたいところ。

見どころは、町の北東、セロリコ・ダ・ベイラ城周辺に集まっています。

エリアとしては狭いので2時間くらいで十分歩いて回ることができます。

サン・ペドロ教会

旧市街入り口にあるサン・ベドロ教会。

こちらの教会を右に見ながら、足を進めると、セロリコ・ダ・ベイラ城の城壁が少しづつ見えてきます。

教会建物
旧市街の入り口に建つ
石造りの建物に囲まれる路地
少しづつ城壁が見えてくる

セロリコ・ダ・ベイラ城

セロリコ・ダ・ベイラ一番の見どころ。

無料でお城の中に入ることができ、城壁の上も一部歩くことができます。

城壁からはセロリコ・ダ・ベイラ市街が一望できるので、是非訪れたい場所。

セロリコ・ダ・ベイラは標高が550mある高地。町の周りは、緑豊かな風景が広がります。

城壁上から見るセロリコ・ダ・ベイラ城の塔とその先に広がる農耕地帯
城壁を歩きます
城壁とポルトガル国旗
ポルトガル国旗発見
階段状の城壁と塔
塔には登れませんでした
セロリコ・ダ・ベイラ旧市街の集落とその奥に広がる丘陵地帯の風景
サンタマリア教会を望む
セロリコ・ダ・ベイラ市街地の風景
反対側の景色
丘陵地帯の風景
緑豊かな景色が広がります

サンタマリア教会

セロリコ・ダ・ベイラで一番大きい教会。

二つの鐘楼が目を引きます。

鐘楼が二つある教会建物
立派な鐘楼が2つ
教会建物とその前の広場
サンタマリア広場

ミゼリコールディア教会

町はずれにある教会。

正面の外観が特徴的です。

教会建物
前がポイントなのにうまく撮れてなかった・・・。
路地から眺める教会の風景
教会に至る31デ・ジャネイロ通り

旧市街とバスターミナルの間にあるホテル Hotel Mira Serra

Hotel Mira Serra全景
Hotel Mira Serra
ダブルベットのあるHotel Mira Serraの客室
部屋は若干古さが
パン2個とハム、チーズ、桃の砂糖漬け、オレンジジュースのHotel Mira Serraの朝食
朝食は簡素

こちらのホテルは、バスターミナルと旧市街のちょうど間あたりにあるホテル。

ホテルの前が公園になっています。

設備は宿泊するには問題なく、フロントのおじさんもフレンドリーですが、建物は少し古いです。

また英語はほとんど通じないです。

バスターミナルからすぐのところにホテルがあり、新しそうなので、正直そちらにすればよかったかな、と思いました(笑)

一泊朝食付きで€40です。

リニャレス、トランコーゾ観光の拠点の町としてオススメ

この町は、ポルトガルの歴史的村々である、トランコーゾとリニャレスのちょうど中間にあり、これらの町を訪れる際にベースとするのにおすすめです。

以前に紹介したグアルダからもリニャレスに行けますが、グアルダ側からだと、山道を進むことになり、距離も増すので、セロリコ・ダ・ベイラから向かうのがよいと思います。

セロリコ・ダ・ベイラ自体は、すごく大きな見どころがあるということではないのですが、お城や旧市街も残っているので、ゆっくり町歩きすることをお勧めします。

この後はリニャレスへ向かいます。

【ポルトガル/リニャレス】ポルトガル田舎町のホテルでタクシー配車に悪戦苦闘 軍艦のような城が圧巻 リニャレスを歩くリニャレスは、ポルトガル中部の町でポルトガル歴史的村々の一つ。エストレーラ山脈の西の斜面に位置します。リニャレスまでは、バスや電車等の交通機関では行くことができないので、タクシーを利用。中世の町並みや、リニャレス城からの景色は、一度は訪れて眺めてみたい場所です。...


ABOUT ME
オレンジの屋根の管理人
ヨーロッパ(主にポルトガル)の田舎と南の島に旅行するのを楽しみに毎日働くサラリーマン。 訪問した国は50か国以上。総合旅行業務取扱管理者資格取得。 初めて来たはずなのにどこか懐かしい、そんな田舎の町への旅を紹介します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA